1. ホーム
  2. 深澤省三・紅子二人展

企画展

深澤省三・紅子二人展

ilf202106-01.jpg

2021年6月19日(土)~8月16日(月)

 深澤省三、深沢紅子は大正、昭和、平成にかけて活躍した画家です。共に東京の美術学校にて油絵を学び戦前から児童雑誌にて活躍する一方、戦後は美術教育に携わるなど後進の育成に尽力しました。省三は鈴木三重吉が主宰した雑誌『赤い鳥』に多数の挿絵を描き、武井武雄とともに「日本童画家協会」を立ち上げるなど、童画界をリードする画家の一人として活躍しました。紅子もまた、油絵を描く傍ら『子供之友』などの児童雑誌に作品を発表するなど活動の場を広げていました。二人は生涯に亘り画家であり続け、共に活躍した稀有な夫婦であるといえます。

 本展では武井と同時代に活躍した画家として二人の作品をご紹介いたします。


ilf202106-02.jpg
深沢紅子「クリスマスの晩」1933(昭和8)年
婦人之友社 蔵
ilf202106-04.jpg 深澤省三 タイトル、制作年不詳 個人蔵
ilf202106-03.jpg
深澤省三 タイトル、制作年不詳 個人蔵

 

3階武井武雄展示室 同時開催
収蔵作品展 テーマ「夏」

 

武井が描いた「夏」の季節や行事を意識して描いた作品を集め展示いたします。  省三と紅子が岩手県出身であることにちなんで、武井が好んだ東北の郷土玩具「こけし」を描いた作品も合せてお楽しみください。

 

 

ilf202106-05.jpg
仙台と鉛 1954(昭和29)年
ilf202106-06.jpg
ちゃぐちゃぐうまっこ1953(昭和28)年
ilf202106-07.jpg
とんぼのつんつん 1954(昭和29)年

 

ilf202106-08.jpg


ご来館が困難な方へは、通信販売を行っております。
ミュージアムショップ
絵本ライブラリーはらっぱ
絵本ライブラリーはらっぱへの入場は無料です。親子で参加できるイベントが盛だくさん!
はらっぱカレンダー
日本童画大賞 イルフビエンナーレ
21世紀における新しい児童文化の創造を目指して“日本童画大賞”を実施しています。
日本童画大賞
▲ページの上部へ戻る