1. ホーム
  2. 次回の展覧会のお知らせ
  3. 武井武雄 漫画とペン画展

企画展

武井武雄 漫画とペン画展

20210124ilf-001.jpg

2021年1月24日(日)~3月13日(土)

 童画家、版画家、造本美術家として知られる武井武雄ですが、1934(昭和9)年に東京朝日新聞にて「赤ノッポ青ノッポ」という漫画を連載していました。桃太郎の子孫が現代日本へ鬼を招待するという物語で、1932(昭和7)年の『読売サンデー漫画』に掲載された「くるみ太郎」がその前日譚となっています。東京朝日新聞に続いて大阪朝日新聞でも連載され、その後書籍化し人気を博しました。「ハツメイハッチャン」はその後に朝日新聞にて連載された漫画で、この2作は武井が生涯で唯一描いた漫画であり、武井の持つユーモア溢れるセンスが漫画にも発揮されています。武井は漫画も童画と同じ精神を持つ「子供の心に触れる絵」であるとし、早くからその存在を肯定的にとらえていました。

 本展では武井が描いた漫画を紹介するとともに、戦前から武井が得意としていたペン画や活劇感あふれる童画など、漫画の特徴を持った作品群をご覧いただきます。


20210124ilf-002.jpg
そんごくう 1970(昭和45)年
20210124ilf-003.jpg
「くるみ太郎」『読売サンデー漫画』1932(昭和7)年

 

20210124ilf-004.jpg
『赤ノッポ青ノッポ』講談社
1948(昭和23)年刊
20210124ilf-005.jpg
「赤ノッポ青ノッポ
1948(昭和23)年
20210124ilf-006.jpg
「寶窟探險記1」
1929(昭和4)年

 

20210124ilf-007.jpg

 


ご来館が困難な方へは、通信販売を行っております。
ミュージアムショップ
絵本ライブラリーはらっぱ
絵本ライブラリーはらっぱへの入場は無料です。親子で参加できるイベントが盛だくさん!
はらっぱカレンダー
日本童画大賞 イルフビエンナーレ
21世紀における新しい児童文化の創造を目指して“日本童画大賞”を実施しています。
日本童画大賞
▲ページの上部へ戻る