1. ホーム
  2. ボンジュール!フランスの絵本たち
    ーカストール文庫やババール 絵本の誕生を中心にー

企画展

ボンジュール!フランスの絵本たち
ーカストール文庫やババール 絵本の誕生を中心にー

20150409france.jpg
ベアトリス・アッピア『ひなぎくのおはなし』
中頁(原画)、1934 年/ カストール文庫
Archives Médiathèque Intercommunale du Père Castor,
Forgeneuve, Meuzac, France

前期:2015.4.9( 木) ~ 5.11( 月)
カストール文庫の原画を中心に

後期:2015.5.14( 木) ~ 6.15( 月)
『ぞうのババール』から現代のフランス絵本まで


 フランスの児童文学と言えば『美女と野獣』や『家なき子』など、日本のみならず世界中で親しまれていますが、 19 世紀中頃に児童文学が確立され、印刷技術の発展にともない優れた挿絵本が作りだされるようになりました。

そんな中、フランスの絵本史に大きな一歩を記したのが「カストール文庫」です。

 教育者のポール・フォシェは、ナタリー・パランやロジャンコフスキーなど、パリに集ったロシアや東欧出身の作家たちと組んで、美しい絵とともに学びながら遊べる絵本のシリーズ「カストール文庫」を生み出しました。フォシェは絵本こそ教育のツールに相応しいと考え、子どもの感受性と知性に同時に働きかけることのできる「絵」を中心とした絵本シリーズの出版を考えます。フォシェの絵本作りに影響を与えたのがロシア(当時はソビエト連邦)の絵本でした。ロシアや東欧、そしてフランスの作家たちとともに「カストール文庫」は生み出され、現在に至るまで多くの良質な絵本を出し続けています。

 本展では、前期に「カストール文庫」の原画を、後期には「カストール文庫」と同時期に出版されミリオンセラーとなったジャン・ド・ブリュノフの『ぞうのババール』から現代のフランス絵本までをご紹介いたします。

上記:Archives Médiathèque Intercommunale du Père Castor, Forgeneuve, Meuzac, France

20150409france07.jpg

 

20150409france08.jpg

 

 

武井武雄と観察絵本キンダーブック

20150409france09.jpg
 

前期:2015.4.9( 木) ~ 5.11( 月)

後期:2015.5.14( 木) ~ 6.15( 月)

右上から時計まわりに 「しっていますか」1948 年
「にこにこおひさまそらのうえ」1955 年
「あかあおきいろ」1961 年 「かえるつばめ」1966 年
「おひさん」1969 年 「おすもうさん」1956 年
「おふろのじかん」1953 年 「たんぽぽのたび」1947 年
「かえるのがくたい」1953 年 「まるいもの」1960 年
中央 カット 制作年不詳

 大正15 年に幼稚園令が公布され、保育項目の中に、観察が追加されました。幼児教育の父、倉橋惣三は「子ども自身が自分を取り巻く世界を、子どもなりに知っていく。

これを無視して子どもの生活はありえない。この行為を観察と呼ぶ」と述べており、幼児における日常での観察という行為がいかに重要かを述べています。

 これをふまえ、『観察絵本キンダーブック』は成長に重要である観察を基本とし、字の読めない子どもにも理解できるよう、絵を中心とした雑誌として昭和2年に創刊されました。武井武雄は当初執筆者として参加しますが、昭和30 年からは編集顧問として雑誌の構成や印刷など、様々な点において助言を続けました。観察という分野にあっても、現実的な描写だけでなく、空想の世界を取り入れた武井の作品はキンダーブックの中でも異質であったに違いありません。しかしそれこそが、子どもの心に寄り添った作品であり、多くの子どもたちを魅了したのです。観察と空想という二つの相反する世界を融合させたことで、更に独特な世界観を築き上げました。

 キンダーブックと武井武雄の世界を、前期後期に分け、ご紹介します。どうぞお楽しみください。

 

 

イルフ童画館のイベント&ワークショップ

4月11日 10:30 刊本作品読み語り&ギャラリートーク
4月12日 10:30 カストール文庫のお面を作ろう(要申込み)
4月18日 13:30 フランスの色の積み木をつくろう(要申込み)
4月19日 10:30 カストール文庫の切紙遊びをしよう
4月26日 10:30 カストール文庫の植物でおもちゃをつくろう(要申込み)
4月29日 10:30 お絵かきはらっぱー大きな絵を描こう-
5月3日 10:30 フランス装の本をつくろう(要申込み)
5月5日 13:30 童画の日記念 イルフトイスをつくろう(要申込み)
5月6日 13:30 童画の日記念 コドモノクニに登場した細工を楽しもう!
5月9日 10:30 母の日WS くまさんイスをつくろう(要申込み)
    15:00 ラムラム王朗読会
5月10日 13:30 あかあおきいろ セロファンあそびをしよう
5月17日 13:30 羊毛フェルトでゾウをつくろう(要申込み)
5月24日 10:30 JAZOOMANIA#2(要申込み)
自転車で市内を回ってお菓子図譜をつくろう!(要申込み)
5月31日 10:30 フランス絵本の読み聞かせ
6月7日 13:30 刺繍WS(要申込み)

 

ご来館が困難な方へは、通信販売を行っております。
オンラインショップ
絵本ライブラリーはらっぱへの入場は無料です。親子で参加できるイベントが盛だくさん!
はらっぱカレンダー
21世紀における新しい児童文化の創造を目指して“日本童画大賞”を実施しています。
日本童画大賞
▲ページの上部へ戻る